あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)
ホーム - あおい矯正歯科トップページへ戻ります矯正治療とは - 歯列矯正で得られるメリットや、治療で使う器具などをご紹介します矯正治療例 - 歯列矯正の対象となる歯並び・かみ合わせと、治療後の変化をご紹介します治療の流れと費用について - 初診(ご相談)から治療開始・治療終了までの流れと、矯正治療や検査で必要となる費用をご説明します院長・理事長紹介 - 診療を行う歯科医師をご紹介しますQ&A - よくあるご質問とそのお答えをご紹介しますアクセス - 当院の地図や連絡先、診療時間です

矯正治療とは

 矯正治療とは、自分自身の歯を動かすことによって歯ならびと咬みあわせを改善する治療です。審美歯科治療で行う「さし歯」や「ブリッジ」のように、歯を削ったり人工物をかぶせることで見た目を変えるのではなく、新陳代謝の仕組みを応用して歯の場所を変えることで良い歯並びを作ります。
 矯正治療は、歯ならびの改善と歯の病気の予防のために19世紀半ばからヨーロッパで広く行われるようになり、今では世界中で多くの人々が矯正治療を受けるようになりました。

 矯正治療で得られる美しい歯並びと口元は、笑顔に自信が持てるようになるだけでなく、他の人に「知的」で「優しい」という印象を与える効果もあることが研究によって分かっています。

 また、歯並びが良くなると歯みがきの効果が高まるため、歯の健康を維持しやすくなります。かみ合わせの重要な機能(クリックで詳細のページへ)が改善され、食べ物をかみくだく能力、飲みこむ能力、発音の機能、集中力などが改善される場合もあります。

 このように、矯正治療は心身をともに豊かにする治療と考えられています。

 小児矯正

 永久歯が生えそろうまでの時期に行う矯正治療です。おもに、あごの成長発育や、前歯・奥歯の生え方をコントロールすることにより、成長を利用した歯ならびの改善を行います。(クリックで小児矯正の詳しい説明ページにジャンプします)

 この時期の治療では、かみ合わせの状態や歯列の発育に応じて、床矯正装置(プレート)、固定式装置(リンガルアーチ)、拡大装置、ヘッドギア、マルチブラケットなどを使い分けます。装置の種類によっては、取り外しの可能なものもあります。
 固定式の器具は、虫歯予防のためにしっかり歯磨きをすることが欠かせません。そのため当院では、定期的に歯磨き教室を開催しています

 小児矯正は第一期治療とも呼びます。この時期に治すことができない問題(歯のサイズが大き過ぎる、あごの成長量が多すぎる等)がある場合は、中学生以降の治療(第二期治療)が必要となります。


プレート
(床矯正装置)
 
 プラスチックでできた床と、歯を動かすための金属のばねで出来ています。自分で取り外すことができます。
ヘッドギア

 頭にかぶる帽子と、口のなかに着ける金具を組み合わせる装置です。奥歯を後方へ引っ張り、歯の位置やあごの成長をコントロールします。自分で取り外しが出来ます。

リンガルアーチ
(固定式矯正装置)
 
 歯の裏側から金具をつけて、歯を動かしたり、その位置で固定したりします。装置の効き目は大きいですが、患者さん自身で取り外すことはできません。

拡大装置
 奥歯の位置を調整して歯列の幅を広げる器具です。固定式のものと取り外しできるものがあります。写真は取り外し可能なものです。

 成人矯正(大人のための矯正)

 永久歯が生え揃った中学生以降の方や、大人の方に行う矯正治療です。白くて透明なセラミックで作られた「ブラケット」という器具を歯の表面に装着して治療を行います。

 ブラケットは、矯正治療で使用する器具の中では歯をコントロールする能力が最も優れているため、出っ歯・うけ口・歯並びのがたがた・やえ歯など、あらゆる不正咬合(問題のある歯ならび・かみ合わせのこと)の治療に使用することができます。

マルチブラケット

 歯の中央に「ブラケット」という白い装置をつけます。ブラケットの中央の溝に金属線を通して、金属線の「ばね」の力を歯に伝えることで歯を動かします。

 歯の裏側からの見えない矯正

 歯の裏側に器具をつけて歯を動かす「舌側矯正」「リンガル矯正」と呼ばれる治療です。歯の裏側に装着しますので、外からはほぼ装置が見えません。
 歯の表側に装着するブラケットと同様に、ほとんどの方に適用することができます。

 ただし歯の裏側の形は個人差が大きく、舌側矯正を行う場合は器具をオーダーメイドで用意する必要があります。そのために通常の矯正治療と比べて費用が大きくなります。

リンガルブラケット

 歯の裏側にオーダーメイドされたブラケットを着けて歯を動かします。基本的な仕組みは歯の外側に着けるブラケットと似ています。

 マウスピース矯正(インビザライン)

 患者さんが自分で取り外しを行える、透明のマウスピースを使用して歯ならびを改善させる治療です。装置を付けていても、外から見てほとんど分かりません。使用するマウスピース(アライナー)の種類によって、インビザライン・クリアアライナーと呼ばれます。

 歯並びやかみ合わせの状態によっては、マウスピースのみでは十分な治療を行えないことがあります。そのような場合は、歯に固定する補助的な器具を一定期間併用する必要があります。

 また、かみ合わせの種類によってはマウスピース矯正が適さない場合があります。慎重に確認・検討を行う必要がありますので、マウスピース矯正を希望される方は矯正相談時にお知らせ下さい。

インビザライン

 精密な歯型を元に作成した薄くて透明のマウスピースを使用して歯ならびの改善を行います。

 矯正用インプラント

 多くの歯が失われている方や、上下の歯列のかみ合わせに大きな問題がある方は、そのままでは適切な位置に歯を動かすことができない場合があります。このような場合は矯正用インプラント装置を補助的に使用することで、咬みあわせの改善が可能となります。(矯正用インプラントを使用する場合は外科処置が必要です。)

矯正用インプラント

 矯正用インプラントは、特定の歯のみに移動力を加えたり、特定の歯の移動を制限することで歯の移動の自由度を高くすることができます。

 セルフライゲーション

 セルフライゲーションシステムとは、装置内部の摩擦を減らした特殊なブラケット装置を使用することで、歯の移動をスムーズにしたり、矯正治療中の歯の痛みを起こりにくくさせる治療方法を指します。当医院では、ほとんどの患者さんでセルフライゲーションシステムによる治療を採用しています。

 セルフライゲーションブラケットは、新聞やテレビ等のメディアでは「クリッピー」「デーモンシステム」などの商標名で呼ばれることがあります。

セルフライゲーション

 中央の溝の部分に特殊コーティングされた金属のふたが付いたブラケットです。
 若干の治療期間の短縮と痛みの低減に効果があります。

 外科矯正

 上下のあごの成長に著しい不調和がある方や、かみ合わせに非常に大きな問題のある方は、手術によってあごの骨の位置を変えないと、矯正治療が出来ない場合があります。

 このような状態を顎変形症と呼びます。歯列矯正と、あごの骨に対する外科手術とを組み合わせることによって、かみ合わせの改善を行うことが可能となります。外科矯正は京都大学附属病院歯科口腔外科、洛和会音羽病院歯科口腔外科等と連携して行います。また外科手術が必要な症例では、矯正治療についても健康保険を適用することができます。

 顎変形症以外では、厚生労働大臣の指定する疾患(口唇・口蓋裂、ダウン症候群など)に対しても保険診療を行うことができます。

顎変形症

 矯正治療で歯を移動させるときは、歯の根があごの骨の中に留まる必要があります。大幅に上下のあごの位置がずれている場合は、そのままでは上下の歯列をかみ合わせることが出来ない場合があります。
 このような場合は外科手術であごの位置を移動させます。