あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)
ホーム - あおい矯正歯科トップページへ戻ります矯正治療とは - 歯列矯正で得られるメリットや、治療で使う器具などをご紹介します矯正治療例 - 歯列矯正の対象となる歯並び・かみ合わせと、治療後の変化をご紹介します治療の流れと費用について - 初診(ご相談)から治療開始・治療終了までの流れと、矯正治療や検査で必要となる費用をご説明します院長・理事長紹介 - 診療を行う歯科医師をご紹介しますQ&A - よくあるご質問とそのお答えをご紹介しますアクセス - 当院の地図や連絡先、診療時間です

子供の矯正治療(小児矯正)

 子供と大人の矯正治療では、治療内容や使用する器具が違います。
 また、治療の内容によっては、子供のうちに矯正治療を行わないと、十分な効果が得られないものがあります。

 なぜ子供のうちに矯正治療をするの?

 子供の矯正治療は、おもにあごの成長をコントロールすることにより、きれいな歯並びのための土台づくりをします。
 矯正治療をすることで、見た目がきれいになるほかにも、さまざまな効果があります。

虫歯、歯周病の予防
 歯並びが悪いと食べ物や汚れがたまり、虫歯や歯周病になりやすいです。矯正治療で歯並びを整えることで歯磨きがしやすくなり、歯の病気の予防になります。

イメージ写真その1

噛む能力が向上する
 歯並びを整えると咀嚼機能が良くなり、食事がおいしく感じられ、消化吸収が促進されます。(噛むことの大切さ(クリックで詳細のページ)

発音が改善される
 発音は歯並びと舌の動きに大きく影響を受けるため、矯正治療によって発音が改善される場合があります。

集中力がアップする
 矯正治療で噛み合わせがよくなると、脳に刺激が伝わりやすくなります。正しく噛むことは脳細胞の活性化につながり、情緒の安定や集中力アップが期待されます。

生涯の医療費の軽減
 虫歯や歯周病を予防することで、生涯にかかる医療費の負担が減ることが指摘されています。


治療前
治療前その1 治療前その2 治療前その3
治療後
治療後その1 治療後その2 治療後その3

 歯並びが悪くなる原因は?

歯やあごの骨の大きさ
 歯の大きさに対してあごの骨が小さすぎると歯がうまく並ばず、ガタガタになってしまいます。

舌の癖や指しゃぶり
 舌の動かし方に癖があると、歯並びに影響を与えてしまうことがあります。また、指しゃぶりが続くと指で歯が押されて上と下の歯が正常に噛み合わなくなり、歯並びが悪くなることがあります。

イメージ写真その2

口呼吸
 常に口を開いた状態でいると舌と唇の力のバランスが崩れ、歯並びに影響が出ます。

乳歯の虫歯
 乳歯の虫歯を治療せずに放っておくと、永久歯の生えかわりに影響を与えてしまいます。

その他
 食生活や生活習慣、姿勢によっては、歯やあごに力がかかり歯並びが悪くなる場合があります。

 子供の矯正治療の時期と器具

 子供の矯正治療は、小学生~中学生の最初ぐらいまでの時期(第一期)と、中学生以降の時期(第二期)の二段階にわかれます。

第一期治療(小児矯正)
 永久歯が生えそろうまでの時期に行う矯正治療です。おもに、あごの成長発育や前歯・奥歯の生え方をコントロールすることにより、きれいな歯並びのための土台作りをします。

 この時期の治療では、かみ合わせの状態や歯列の発育に応じて、床矯正装置(プレート)、固定式装置(リンガルアーチ)、拡大装置、ヘッドギア、マルチブラケットなどを使い分けます。時期によって固定式のものと取り外し可能なものがあります。
 固定式の器具は、虫歯予防のためにしっかり歯磨きをすることが欠かせません。そのため当院では、定期的に歯磨き教室を開催しています

 この時期に治すことができない問題(歯のサイズが大きすぎる、あごの成長量の問題が大きい等)がある場合は、中学生以降の治療(第二期治療)が必要となります。


プレート
(床矯正装置)
 
 プラスチックでできた床と、歯を動かすための金属のばねで出来ています。自分で取り外すことができます。
プレート ヘッドギア
ヘッドギア

 頭にかぶる帽子と、口のなかに着ける金具を組み合わせる装置です。奥歯を後方へ引っ張り、歯の位置やあごの成長をコントロールします。自分で取り外しが出来ます。

リンガルアーチ
(固定式矯正装置)
 
 歯の裏側から金具をつけて、歯を動かしたり、その位置で固定したりします。装置の効き目は大きいですが、患者さん自身で取り外すことはできません。
リンガルアーチ

拡大装置
 奥歯の位置を調整して歯列の幅を広げる器具です。固定式のものと取り外しできるものがあります。写真は取り外し可能なものです。
拡大装置

第二期治療
 永久歯が生えそろってから行う矯正治療です。おもに、永久歯を適切な位置に整え、歯並びや噛み合わせの改善を行います。

 この時期の治療では、大人の矯正と同じ装置を使います。(「成人矯正」のページへ

 第一期治療ではあごの成長など土台作りを行いますが、それでも対応しきれないぐらい大きな歯が生えてくる場合や、あごの成長量が標準的でない場合は第二期治療が必要となります。第二期治療が必要となる場合でも、第一期治療で土台が改善されていると、より良い状態で第二期治療を受けられます。