あおい矯正歯科(京都市 四条烏丸)
ホーム - あおい矯正歯科トップページへ戻ります矯正治療とは - 歯列矯正で得られるメリットや、治療で使う器具などをご紹介します矯正治療例 - 歯列矯正の対象となる歯並び・かみ合わせと、治療後の変化をご紹介します治療の流れと費用について - 初診(ご相談)から治療開始・治療終了までの流れと、矯正治療や検査で必要となる費用をご説明します院長・理事長紹介 - 診療を行う歯科医師をご紹介しますQ&A - よくあるご質問とそのお答えをご紹介しますアクセス - 当院の地図や連絡先、診療時間です

Q&A

 このページでは、患者さんから頂いたご質問とそれについてのお答えを紹介します。

矯正治療は何歳ぐらいから始めるのがいいのでしょうか?

 子供の患者さんの矯正治療では、噛み合わせの状態によって治療の開始に適した時期は異なります。上下のあごの成長に問題のある子供の患者さんの場合は、6~12歳ごろまでの早い時期から矯正治療を開始するとあごの成長をコントロールできる可能性があるため、より良い治療結果が期待できます。なかには乳歯列期の3~6歳から治療を始めたほうがよい場合もあります。しかしあごの成長に特に大きな問題がない場合は、永久歯が生えそろう12歳ごろか、それ以降に治療を開始します。

 治療開始に適した時期は、患者さんご本人様やご家族の方には判断が難しいと思います。不安に感じられましたら一度ご来院いただき、治療が必要なのかどうか、また治療が必要な場合いつごろから矯正治療を開始するのが良いのかについてご相談下さい。早い時期から治療を開始すると治療期間が長くなる傾向がありますが、費用のご負担はなるべく増えないように配慮させていただいています。

治療を受けられる年齢に制限(上限)はありますか?

 患者さんの歯や歯肉、歯を支える骨に大きな問題がなければ、何歳からでも治療を行うことができます。虫歯や歯周病がある場合は、まずこれらの治療を依頼することがあります。

治療期間はどれくらいですか?

 大人の方の場合、治療期間は通常約2~3年です。部分的な矯正治療を行う場合や、かみ合わせの問題が軽度である場合は短期間で終了することがあります。子供の時期から治療を開始する場合は、あごの成長や歯の生え変わりにあわせて治療を行うため、大人よりも治療期間が長くなる傾向があります。

目立たない装置はありますか?

 当医院では、歯の表面につける装置(マルチブラケット)はすべて白くて透明なセラミックの装置を使用しています。
 より目立たない治療をご希望の場合は、歯の裏側に器具を装着する治療(舌側矯正)を行うことができます。また、患者さんご自身で取り外すことができる透明のマウスピースを使用した矯正治療(インビザライン)も選択することができます。(歯ならび・咬みあわせの状態によってはマウスピース矯正が適さない場合があります)

治療せずにほうっておくとますます歯並びが悪くなりますか?

 一部の例外(歯が生え変わる時期のすきっ歯など)を除いて、一度悪くなった歯ならびが何もせずに良くなることはありません。成長期では、成長に伴って不正咬合(がたがた、うけ口など)がさらに強くなることがあります。
 成人では、通常は極端に変化することはありませんが、噛む力や舌・唇に押されることによって歯は生涯を通じてわずかに動きつづけることが分かっています。そのため、前歯が前方に傾いている方の場合は、噛む力によって年齢とともにさらに前に倒れてしまうことがあります。

痛みはありますか?

 装置をはじめて装着してから3~5日間は、硬いものをかんだときなどに痛みを感じられることがあります。また毎回の処置の後も2~3日程度は同じような痛みが生じることがあります(初回と比べて痛みの程度は小さくなります)。痛みには個人差があり治療期間を通してまったく痛を感じられない方も多いですが、毎回少し痛む方もいらっしゃいます。

 これとは別に、装置が頬や唇、舌などにすれて口内炎ができることがあります。歯ならびが良くなるにつれて装置がすれにくくなりますが、口内炎ができるときはお薬や装置につける保護材をお渡ししています。

歯を抜くことはありますか?

 歯は抜かずに治療できるよう最大限の配慮をいたします。しかしあごの骨の大きさよりも歯のほうが大きく、すべての歯をならべるためにスペースが足りないときは抜歯が必要となります。

 健康な歯を抜くなんてもったいない、咬みあわせのためにならないと思われるかも知れません。しかし無理をして歯を抜かずに並べたり、歯列を側方や後方へ過剰に広げようとすると、歯を支える骨から歯がはみ出してしまったり、歯の根が歯肉の外に露出してしまい、結果として多数の歯の寿命を縮めてしまうことがあります。治療直後は問題がなくても、何年も経過してから問題を起こすこともあります。(とくに成人では、歯列を広げても骨はほとんど広がらないことが数多くの研究から証明されています)
 無理に並べた歯は角度も正しくないため、かみあわせの面からも色々な不都合が生じます。抜歯が必要な方にとっては、歯を抜くということは多くの歯を健康的に保つための方法なのです。

 また、見た目の観点からも、無理をして抜かずに並べると行き場のない歯が前方に傾くため、口もとのふくらんだ感じがより強くなり、あまり望ましい結果にはなりません。

歯みがきは難しいですか?

 歯に装置をつけると、普段よりも時間をかけて丁寧にみがく必要があります。当医院では矯正治療中のブラッシングをマスターしてもらうために歯みがき教室を行っています。

 電動歯ブラシは、歯のすき間や装置の影など普通の歯ブラシでは少し磨きにくい部分を清潔に保たせることができるため、ご使用いただくことを推奨しています。
 電動歯ブラシの方式にはいくつかの種類があり、方式によっては器具との相性がありますので、導入をご希望されます場合は一度ご相談下さい。

レントゲン写真の撮影は必要ですか?

 矯正治療では、あごの骨の中を歯が移動するため、あごの骨や歯の根がどのような状態であるかを詳細に把握しておく必要があります。また不正咬合(良くないかみ合わせ)を引き起こしている原因が、あごの骨の位置のずれや大きさの問題である場合も多く、こういったことを調べるためにはレントゲン撮影が不可欠です。

 当医院では、撮影による体への影響が非常に小さいデジタルレントゲン・CT撮影装置を導入しています。(デジタルレントゲン・CT撮影装置の説明はこちらをご覧下さい